マンション経営で大きな力で支援します【マンション経営サポマン】

サブリースの意味

サブリースとはどういうことか

サブリースとは簡単に言うと又貸しのことであり、主にマンションなどの不動産業界で活用されている制度である。簡単に仕組みを説明すると、マンション等の一室または全体を不動産会社が賃貸で借り受け、不動産会社が第三者に賃貸として貸し出すということである。オーナーのメリットととしては管理の手間が省けるということと、空室の際に家賃が保障されるということがある。また確定申告などの税金関係も代行してくれるところもあるので、その分の手間を省くことができる。注意点としてはしっかりとした不動産会社を選ばないと、管理費を支払っているのに家賃収入が極端に少なかったり、そもそも入居者を探してくれないこともあるため、管理を丸投げするのではなく、あくまでも所有者としての最低限の知識を持つとともに管理に口を出す必要がある。

一括借り上げで全てお任せ

サブリースの方法の一つに一括借り上げという方法があり、これはマンションなど全体を不動産会社が借り上げ、テナントや個人に貸し出しするということである。一括借り上げでサブリースを利用するメリットとしてはまずお金の流れを一本化でき、手間を省くということ、さらには共有部分の管理等のサービスも併せてうけることができるようになることもあると言うことが挙げられる。リスク回避的な面から見ると複数の不動産会社と契約した方が倒産の時など万が一の時に備えられるが、先ほど述べたとおり手続き等の簡素化を図るために一括借り上げでサブリースのサービスを受けるオーナーが多い。マンション等の管理は時間もお金もかかるので、マンション等のオーナーは是非ともサブリースのサービスを利用することを検討してほしい。